「日本水産学会秋季大会」にて 津本式血抜き・熟成魚に関する発表

2019年の9/8-10に福井県で行われた「日本水産学会秋季大会」にて、津本式究極血抜きと熟成魚関する発表が行われました。

発表をして頂いたのは東京海洋大学食品生産科学科食品物性学研究室の高橋助教のチームです。

専門的・科学的な見地からの検証で、より効果的な血抜きの手技・熟成方法も考えられるかもしれません!

高橋さんと情報を共有させて頂ける時期が来たら、津本式.comでも研究内容を発表したいですね。

東京海洋大学 食品物性学研究室 公式ブログ
学会での発表の様子
宮崎に来られたの日の様子

10月の販売予定、ボート倶楽部の販売

10月4日に販売される、ボート倶楽部11月号に、8ページの特集で紹介してもらえます。

かなりじっくりと写真を撮ってくれたので、映像でわからない人にはかなりわかりやすい内容となっております。

書店で購入が難しい方は

購入は⬇︎こちらかできますよ

http://www.kazi.co.jp/order/order.html

是非手に取って読んでもらいたいです。


 

 

 

107日(月)に販売します。

⚫︎津本式180mm包丁、久しぶりの江戸小町骨抜き、血合いウロコ取りを再販いまします。

⚫︎東型骨抜き幅広が初の販売です。

⚫︎パワーハンドルも初の販売となります。

ノーマルは18mm

パワーハンドルは20mm

 

 

 


⚫︎1013日(日)に、大阪の花博記念公園にて《ジギングフェスティバル》に参加します。

土曜日と日曜日に開催されますが、僕は日曜日のみとなります。

ブースでは限定の赤色ウォーターシューターとアサシンナイフを少量販売します。

その他にはノズル各種、包丁を販売いたします

ステージ以外は常にブースに居てますので、質問など あればじゃんじゃん聞いてください。

ステッカーも枚数限定ですが、プレゼントとして用意してますので、是非ブースにお立ち寄りくださいね!

 


⚫︎魚を保存する際に使う緑紙(耐水紙)の販売所をご紹介します。

https://kaminotakuhaibin.com/specialpaper-2

最小50枚からの販売です。1枚あたりの値段など詳しく書かれてますので見てください

 


⚫︎新しい津本式プロトの製品も少し紹介しております。

 

ようやく、プロトが仕上がって来ました。

小物用血合いウロコ取りです。

200g〜1.0kgの魚、特にアジやサバ、イサキなんかにバッチリです!

まだテスト段階なんで乞うご期待。

 

これはシャカシャカ棒です。

かなり何パターンもテストを繰り返し、ようやく型になりました。

本体の長さは竹串とほとんど同じ長さに設定しています。硬さは僕らのメンバーが全員納得する硬さになりました。

取っ手が六角なのは、落下防止です。

針の長さは、真ん中が長くて、内周り 外周りと長さを2mmづつ短くしています。

かなり 使いやすいです!

写真のように、取っ手をつけるとロングになります。より、安全に使っていただけます。

例)パワーハンドルを購入したけど、以前に買った 血合いウロコ取りのノーマルハンドルが余った時なんかは そちらを流用してもらっても構いません。

ちなみに、血合いウロコ取りと、パワーハンドルを足して、超ロングハンドルにすれば、大型魚なんかにもってこいです。

こちらはそろそろ生産体制に入ると思います。

 


LINE@で 新着情報を!

http://nav.cx/4GrNkbR

このURLをタップまたはクリックすると、津本式.com @を友だち追加できます。
URLをコピーして、SNSやメールなどでシェアしましょう。

僕の本が内外出版社から販売されます

内外出版社(ルアマガ)より、僕の本が出版されます。

まだ先の話ですが。。

そのために東京で打ち合わせに行ってきましたよ。

https://plus.luremaga.jp/_ct/17304546

どんな本になるのか楽しみです。

かなりマニアックに僕の特徴出していきます。

 

 

その前に10月5日にボード倶楽部より販売されますよ。

僕やってる魚仕立て屋本舗の倉庫で取材した、内容も濃い8ページです!

是非ご覧になってください!

 

 

9月15日はかめや釣具谷山店ですよ!

後3日でかめや釣具谷山店でのイベントです!

今回は初のアサシンナイフ販売になります。

緊急発表‼ 津本式 アサシンナイフ先行販売!

詳しくはこちらをクリックしてください

販売方法などが書かれてあります。

欲しい方は要チェックですよ!

ちなみに、アサシンナイフは今のところ販売の目処が立ってません。なので、次回販売時期がわかりません。

高額な商品なんで、買う人は良く考えて買ってください!

魚を沢山触る人には後悔はさせません。

そんな人が握るナイフです。

 

ノズルステッカー出来ました!

ノズルのサイズがわかりやすいように、ステッカーを作りました。

最上級のアルミステッカーなんで、耐久性があります。

以前販売した小さなアルミステッカーと同じです。

作業はピンセットが楽ですよ

ケースに貼ってもいい感じです

たまに居られるバブリーな方仕様です。

赤青シューターはサンプルです

*赤シューターは10月13日のジギングフェスティバルで販売予定です。

ノズルに貼るステッカーは、一度シューターにはめ込んでから貼ってもらえると、その面が上になってくれます。

 

Continue reading "ノズルステッカー出来ました!"

砥石の面直しとまな板磨き

誠に勝手ながら7月25日〜7月28日は 発送作業をお休みさせてもらっています。ご理解 ご了承のほどよろしくお願いします。

 

今回 なかなか使えそうな物を紹介します

こちらは砥石を面直しです。

普段は砥石と砥石の番号が近い方でやるのですが、専用ならもっと凄いのかと?

また実験してみます。

 

お次はまな板磨きです。

だいたいは漂白剤を塗ってから、タオルやビニールを掛けて翌日洗い流すので充分ですが、これはキズなんも綺麗にできるスポンジです。

 


最近、うなぎの血抜きにハマってまして、Facebookのグループでもうなぎで盛り上がっています。

もし、うなぎの血抜きをしたいのであれば、何があれば便利なのか?を詳しく説明しますね。

ノズルサイズは養殖うなぎのポピュラーサイズは4Pサイズ(1.0kgにたいして4本という意味です。1本250g)の場合…

ノズル1.1mmと1.5mmがあればいいですね。

切った頭側の神経の穴より1.5mmで勢いよく飛ばしてください。

尻尾側は1.1mmしか通用しません。

 

後、うなぎを絞める時は、一度氷水で冷やし込みを15〜20分すれば仮死状態になります。

 

後、究極の血抜きをする時にあれば便利なのが 小物用高圧ノズルです。

これを切った首の背骨下から差し込んでから、ギュギュとなんどか絞り押し出します。

 

美味しいうなぎが食べたい方は是非!

詳しくは⬇︎を、ご覧にください

 

津本式で作ろうか悩んでるのが…

この目打ちが欲しい…

捌かないのに…

 

シャカシャカとパワーハンドル

シャカシャカ棒プロト第2弾がやってきた

これはかなり使いやすそうです。

しなりもいい具合になりました。

明日からテストしていきます。

(箱に意味はありません…)

 

 

パワーハンドルグリップ

ハンドルグリップのパワーアップバージョン

パワーハンドルグリップを作りました。

今のハンドルでなんら問題はありませんが、これを使うと…

かなり持ちやすいです…

軽い握りで力がより入る事により、長時間の作業が楽になってくれればと思いました。

 

シャカシャカ棒と一緒写ってる写真がパワーハンドルです。

色の茶色いOリングは試験的にいれてみた シリコンリングです。

 

名作な血合いウロコとりにあらたなるドレスアップギアが…

 

単体での販売になります。

(完全ハンドメイドな削り出しなので、安くはないです)

 

動画もアップしたので観てください!

堺孝行【砥石】再販します

昨日の包丁研ぎ動画で、砥石の注文と質問が殺到してたのにビックリしました

堺孝行刃物の青木専務に発注しましたので、到着しだい販売いたします。

 

やっぱり砥石の#8000は 極みほ料理人や釣り人とか、完全マニア向けですね!

釣り人は釣ったその一匹をどれだけ美味しく笑顔で食べる事が出来るのか?

津本式器具と、繊維を壊さない激切れ包丁でさらなる高みを目指してください。

 

あの切れ味で、刺身を引いたら僕でも綺麗に出来そうやと錯覚さえしてしまう(笑)

 

 

堺孝行砥石は 国内販売ほとんどしておりません。

 

こちらはほぼ全てが外国輸出用となってますので、津本式.comでしか買えないそうです。

 

包丁屋が砥石売るんですよ。

なので、下手なもん出してきません!

 

すべてが本物です。

 

砥石の#400は荒砥ぎ以外に#1000の面直しなんかにも使えます。

基本的に大量の仕事をするなら、400と1000

一般には1000と4000

動画ようになりたいのなら8000です

 

 

販売ページにて、津本式特製長ナイロン販売いしました!

 

よろしくお願いします